《webの仕組み》アプリケーションサーバーとは何か?わかりやすく解説

ネットワーク

アプリケーションサーバーについて

アプリケーションサーバー(APサーバー)はビジネスロジックを処理するサーバーです。アプリケーションサーバーはWeb3層構造を支えるサーバーの1つでもあります。Web3層構造というのは数多くのWebシステムが採用するアーキテクチャーのことです。「Webサーバー」「アプリケーションサーバー」「DBサーバー」で構成されます。Webサーバーはクライアントからの処理を受け付け、ビジネスロジックの処理が必要な場合はそれをアプリケーションサーバーに依頼します。アプリケーションサーバーはサーバーサイドの言語(PHPやJAVAなど)で書かれたプログラムを動かして、必要であればDBサーバーからデータを取得して、その結果をWebアプリケーションに渡します。Webサーバーがその結果をクライアントに返すことで、私たちはWebシステムを使うことができるのです。

アプリケーションサーバーを使うメリット

アプリケーションサーバーを単体では効力を発揮しないので、Web三層構造のメリットですね。大きく分けて以下の2点のメリットがあります。

・Webサーバーの負荷軽減

・役割を分割することでの保守性の向上

それぞれ簡単に解説してみましょう。

Webサーバーの負荷軽減

Webサーバーももちろん、ビジネスロジックの処理を実行することができるので、アプリケーションサーバーを持たないアーキテクチャーではWebサーバーがこの部分の役割をになっているはずです。Webシステムの規模が小さければそれで良いかもしれませんが、1秒間当たり膨大なアクセスを捌かなければいけない大規模WebシステムとなるとWebサーバーにビジネスロジックの処理を任せるのはキツくなることは想像がつくでしょう。なのでビジネスロジックの処理専用のサーバーを設けることでWebサーバーの負荷を減らしています。これがアプリケーションサーバーなのです。

役割を分割することでの保守性の向上

HTTPリクエストの処理をWebサーバー、ビジネスロジックの処理をアプリケーションサーバー、データベースの管理をDBサーバーに割り振っているので、全て同一のサーバーで行うよりも、保守性が高いことはわかるでしょう。仮に、WebサーバーをApatchからNginxに変更したいという場合でもWeb3層構造なら、比較的に簡単に行えるはずです…(実際にやったことないからわかりません。笑) ともあれ、分割することで拡張性を高めることは言えますし、保守性は確実に高くなります。

タイトルとURLをコピーしました