【Docker】コンテナ型を始め、3つの仮想化技術についてまとめた

Docker

dockcrとは

コンテナ仮装化技術を用いたアプリケーションを実行する環境を作成、管理するツール

 

なぜ全てのエンジニアがインフラを扱うようになったのか?

自社で管理していたサーバー等はすべて、クラウドに上の仮想インスタンスに移行し、各種クラウドサービスの機能を用いることで開発範囲が非常に小さくなった。またインフラ構成管理ツールが多数登場し、コードでこれらを管理できるようになった。よってアプリケーションエンジニアもこれらのツールをつかって環境構築をすることが可能となり、実際に業務で求められることが多くなったことが原因である。

 

仮想化技術とは

物理サーバーを使用するなく、仮想的なOSを動かすことでアプリケーションを動作させることを仮想環境と呼ぶ。具体例としてはwindowsマシンの上でlinuxを動かすなど。

 

3つの仮想化技術

 

ホスト型仮想化

ホストOSの上に仮想化ソフトウエアを載せる。ホストOSの上でゲストOSを動かすため、無駄なCPUリソース、ディスク容量、メモリ使用量が発生する。代表的なものとしては、「oracle VM VutualBox」などがあげられる。

 

 

 

ハイパーバイザー型仮想化

ハードウエアの上に、仮想化専門のソフトウエア「ハイパーバイザー」を置き、ハードウエアと仮想環境を制御する。ホストOSが存在しないため、直接ハードウエアを操作するため、リソースを効率良くしようすることが可能。代表的なものとしては、microsoft社の「hyper-V」などがあげられる。

 

 

コンテナ型仮想化

ホストOS上に区画(コンテナ)を作り、アプリケーションを動作させるにに必要な、ライブラリなどをコンテナ内に閉じ込めることによって、個別のサーバーのように使用することができるようにしたもの。ホストOSのリソースを分割し、これらを複数のコンテナで共有して使用する。非常に軽量なため、高速で動作する。この技術は「docker」で用いられている。

 

番外編:働くエンジニアにおすすめアイテム3撰

記事の内容とは別に、日々エンジニアの業務を行う上で役に立っているアイテムを紹介します。どれも実際に使って良いと思ったものだけ紹介していますのでその点はご安心ください。

目の保温マッサージ

普段の業務で一番疲れる目を癒すために目元マッサージャーを毎日使っています。保温とマッサージを自動でしてくれるので、終わった後は血行が良くなり、翌日の目の疲労が激減します。また睡眠の質もあがるのでディスプレイと睨めっこの職業の方は必須アイテムだと思ってます。(笑)

座っている時の負担を減らす

8時間働くとして、その時間の殆どが椅子に座っている状態になるのがエンジニアの宿命です。椅子の性能が低いと身体に余計な負荷を掛けることとなり、良い椅子に座っている人と、そうでない椅子に座っている人にかかる1日の負担はかなり大きいです。ですので、身体への負荷を考えて、できるだけ良い椅子に座るべきです。とは言っても会社の椅子は既に決まっているので以下のクッションを購入することをおすすめします。体を包み込むようなフォールド性があり、疲労や腰の痛みなどが激減します。

自宅での作業効率をあげる椅子

最近購入したのがゲーミングチェアです。楽天ゴールドカードを持っている私は、Amazonではなく楽天市場でこの機種と似たようなものを購入しました。価格帯はほぼ同じで、このゲーミングチェアはAmazon内での評判も良いみたいですし、おすすめです。その理由は作業し終わった後の疲労感が異なり、座り心地もホールド感があって最高ですし、見た目がかっこいいからです。予算に余裕のある方は購入してみてはいかがでしょうか?

エンジニアの基礎知識・教養

別の記事でエンジニアとして知っておくべき技術本についてまとめました。スキルの高いエンジニアは極々当たり前にしっている知識だとおもいますが、そうでない方はエンジニアとして最低限知らないとまずい知識ですのでどこかで購入し、読むことをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました