【Docker】コンテナ型を始め、3つの仮想化技術についてまとめた

Docker

dockcrとは

コンテナ仮装化技術を用いたアプリケーションを実行する環境を作成、管理するツール

 

なぜ全てのエンジニアがインフラを扱うようになったのか?

自社で管理していたサーバー等はすべて、クラウドに上の仮想インスタンスに移行し、各種クラウドサービスの機能を用いることで開発範囲が非常に小さくなった。またインフラ構成管理ツールが多数登場し、コードでこれらを管理できるようになった。よってアプリケーションエンジニアもこれらのツールをつかって環境構築をすることが可能となり、実際に業務で求められることが多くなったことが原因である。

 

仮想化技術とは

物理サーバーを使用するなく、仮想的なOSを動かすことでアプリケーションを動作させることを仮想環境と呼ぶ。具体例としてはwindowsマシンの上でlinuxを動かすなど。

 

3つの仮想化技術

 

ホスト型仮想化

ホストOSの上に仮想化ソフトウエアを載せる。ホストOSの上でゲストOSを動かすため、無駄なCPUリソース、ディスク容量、メモリ使用量が発生する。代表的なものとしては、「oracle VM VutualBox」などがあげられる。

 

 

 

ハイパーバイザー型仮想化

ハードウエアの上に、仮想化専門のソフトウエア「ハイパーバイザー」を置き、ハードウエアと仮想環境を制御する。ホストOSが存在しないため、直接ハードウエアを操作するため、リソースを効率良くしようすることが可能。代表的なものとしては、microsoft社の「hyper-V」などがあげられる。

 

 

コンテナ型仮想化

ホストOS上に区画(コンテナ)を作り、アプリケーションを動作させるにに必要な、ライブラリなどをコンテナ内に閉じ込めることによって、個別のサーバーのように使用することができるようにしたもの。ホストOSのリソースを分割し、これらを複数のコンテナで共有して使用する。非常に軽量なため、高速で動作する。この技術は「docker」で用いられている。

 

番外:その他おすすめの記事

エンジニアがもっと楽しく仕事できるようにスキルアップの方法や役立つ情報を発信しています。興味がある方はご覧になってください。読者の皆様にとって損になるようなことはないと思います。使ってない方は是非使ってみてください!

おすすめアイテム①

自分はオフィス次の2点の座布団と背もたれクッションを利用してます。姿勢が安定し、お尻への負担が激減します。オフィスにいるのに自宅で作業しているような感覚になるので気に入ってます。また疲労感もかなり減るので費用対効果が非常に高いアイテムだと思ってます!

おすすめアイテム②

ブックスタンドみなさん使ってますか?PCを打ちながら参考書見る時に手で抑える必要がなくなるので非常に便利です。自分も購入した時なんでいままで使ってなかたんだろうと後悔したのでまだ持ってない方は買っておくと作業効率があがりますよ!

エンジニアの基礎知識・教養

別の記事でエンジニアとして知っておくべき技術本についてまとめました。スキルの高いエンジニアは極々当たり前にしっている知識だとおもいますが、そうでない方、エンジニアのスキルに不安があるかたに是非読んで欲しい技術本をまとめました。そのなかで例を1つあげるならば「リーダブルコード」などが挙げられます。優秀なエンジニアの先輩でこの本を読んでいない方はほぼいないと思います。エンジニアのスキルを上げるために、ある程度読むべき本というものが決まっているのできちんと読んで勉強しましょう。

時短アイテム!日々の生活の質を上げる

日常生活における無駄を省く表品をまとめました。1日無駄な作業時間が10分発生するとしたら1年間で3600時間もその無駄な作業に時間を費やすことになります。このような魔の作業を消し去ってくれる商品をまとめました。全て自分が使ってお勧めできる商品のみ紹介してます。

気軽にお声かけください

このような形でほぼ毎日、情報発信を行ってます。技術的な部分で誤っている点などもあるかもしれません。その様な部分を発見した方はTwitterのDMなどで知らせていただければ凄い嬉しいです。また自身自身のエンジニアのネットワークを広げたいと思ってます。日頃六本木や渋谷にいることが多いですので気軽にお誘いください。情報交換しましょう。

タイトルとURLをコピーしました