《必見》駆け出しエンジニアを卒業するための技術本まとめ

商品レビュー

エンジニアのスキルアップに役立つ技術書

今回の記事ではエンジニアのスキルアップに繋がる技術本やアイテムを紹介します。全て私が持ってるもので、読んでおいて絶対に損のないものと感じた技術書だけ紹介していくので参考にしてください。

リーダブルコード

私が尊敬する先輩の方々からまず初めに絶対読めと言われた本です。コードを美しく描く為の基本が身につきます。エンジニア歴が長いのにコードが汚いエンジニアはやばいです。自ら技術力が低いと周りに言っているようなものですから。読んだことない人は必読書です。

改訂新版JavaScript本格入門

JavaScriptの基礎がしっかり身につきます。クロージャ、スコープチェーンといったような初心者が躓きやすいポイントも丁寧に解説されています。

プログラミング言語Go

硬めの文書、アカデミックな文章でGo言語の基礎を論理的に解説してくれる技術書です。コンポジション、格上げ、ビットベクタといったような専門用語を惜しみなく使って解説してきます。ポインタの解説などメモリがどのように使われているかを常に意識して解説してくれる点は非常に勉強になります。読んでいて、大学の情報系の授業に似た疲労感があるほど、読み応えのある1冊です。

ネットワークはなぜつながるのか 第2版

パソコンから発した情報がどのようにして目的地にまで届くのかをハードウェア、物理層までを含めてわかりやすく解説してくれる一冊です。イーサネット、ADSLといったネットワーク用語が丁寧に解説されており、エンジニアが知っておくべきネットワークの基礎を得ることができます。

プログラムはなぜ動くのか 第2版

機械語を使ってコンピュータを動かす原理や、低級言語であるアセンブリ言語を使って普段意識をすることのないメモリの読み書きを体系的に理解することができます。

コンピュータはなぜ動くのか

コンピューターのハードウエアの解説が主になされています。初め、回路図から解説されるので結構しんどいですが、読んでいく上でハードウエアの知識がついていくのを実感すると思います。

オブジェクト指向でなぜつくるのか 第2版

オブジェクトがなぜ誕生したのか、オブジェクト指向のメリットは何なのか、どのようにメモリが使われるのかがわかりやすく解説されています。オブジェクト思考(OOP)は今やどの言語にも実装されていますから、その基本知識を知っておくのは良いことだと思います。

Webを支える技術

実はこの技術本はまだ読んでいる途中です。尊敬する先輩エンジニアに勧められたので買ってみました。Webエンジニアなら絶対知らないといけない技術の知識が詰まっている技術本らしいです。

まとめ:本に投資はガンガンしよう

以上がエンジニアが最低限スキルアップのために読んでおくべき技術本でした。私が思うに知識を得るための本にはガンガン投資した方がいいです。そこでケチった場合、節約にはなりますが将来的への投資にはなりません。2000~3000円払って、情報を買い、その情報を活用してスキルがあがり年収をあげれば何十倍も元が取れます。活躍する人ほど、教育に投資をしている気がします。なのでみなさん、スキルアップに繋がる本はどんどん購入しましょう。

筆者
筆者

今回の記事の内容は以上で終了です!最後まで読んでくれてありがとうございました!Twitterもやってるのでよかったらフォローしてください!

タイトルとURLをコピーしました