《ミクロ経済》弾力性とは?どのような意味を持つ?わかりやすく解説

ミクロ経済学

弾性力

弾性力の定義

弾性力は大きく2つの種類があります。需要の弾性力供給の弾性力の2つです。それぞれの以下の式で定義されます。

需要の弾性力 = 需要の変化率÷価格の変化率

供給の弾性力 = 供給の変化率÷価格の変化率

需要・供給の弾性力は価格が変化した時にどれ程需要・供給が変化するかを表す指標です。

需要の弾性力

例えばピーマンが天候不純の影響などで供給が減り、ピーマンの価格が10%上がったとします。値段が高くなったピーマンの購入を家計が嫌ったため、需要が10%減りました。この時のピーマンの需要の弾性力は

ピーマンの需要の弾性力 = 10%(ピーマンの需要の変化率)÷10%(ピーマンの価格の変化率)=1

となります。需要の変化率と価格の変化率が一致している場合需要の弾性力は1になるります。ここでいう変化率は絶対値を使って計算します。今回はピーマンの需要の弾性力を例に出しましたが、商品によって需要の弾性力は変わります。生活必需品になればなるほど需要の弾性力は低くなります。例えば電気とは価格が上がったとしても電気は日常の生活で使わないといけないですから、価格が上がっても需要は変わらないはずです。逆に娯楽品などは価格が上がれば人々が購入を控えるので需要が下り、需要の弾性力が低くなります。

供給の弾性力

供給の弾性力は価格を変化させた時、供給がどれだけ変わるかを表す指標です。例えば価格が上がった時、企業はその商品をつくってもっと多く生産して儲けようとしますから、供給が増えます。しかしこれはもちろん商品によってまちまちであり、生産量が限られるとったものだと価格が上がっても供給はあまりかわりません。

弾性的と非弾性的

弾性的とは

需要・供給の弾力性が高いものを弾性的といいます。値段が変化すると需要と供給が大きく変化することを指します。娯楽品なんかは価格が上がると需要が落ち込むので需要の弾性力が高くなります。よって需要の面では娯楽品などは弾性的であると言えます。

非弾性的とは

需要・供給の弾力性が低いものを非弾性的といいます。日本で有名なロックアーティストのライブのチケットを需要の面で考えると、ライブのチケットの価格が高くなっても、需要に変化は少ないので、需要の弾性力は小さくなります。なのでこのような商品は非弾性的です。

番外:経済学を学ぶのに超おすすめの本

自分は経済学部出身ではないので、独学で参考書を読んで経済学を趣味で学んでいます。参考書は一橋大学に通う友人から絶対読むべきと言われものを読んでいるのですが、せっかくなのでそれらを紹介します。

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門

文章もそんなに難しくなく、非常に読みやすかったです。なので初学者にはおすすめです。

現代日本経済

この本は学校の教科書のようなきっちりとした文章で書かれているので多少読みずらいと思いますが、戦後日本がどのように経済を発達させてきたかという部分を数値と一緒に学ぶことができる一冊です。

タイトルとURLをコピーしました