Webエンジニア転職を希望する方におすすめの転職サービス2選

日常

Webエンジニア向けの転職サービスを紹介

この記事ではWebエンジニアを目指す社会人・学生が登録した方が良いと思われる転職・就活サービスを紹介します。ステマっぽい記事かもしれませんが、登録することで選択が広がるのは事実です。また全て無料のサービスですので、使い倒してやる!くらいの気持ちで登録すると転職エージェントの良さをフルで生かせると思います。

筆者
筆者

大学時代のバイト先の社会人2年目のエンジニアの先輩は自分の紹介した転職サービスを使って年収260万→年収550万に飛躍的にアップしました。笑

20代エンジニア特化型転職サービス「サポーターズ 」

新卒採用でお世話になったサービスなんです

このサポーターズ という転職サービスの強みは20代、若手のエンジニアの転職に特化している点です。実は私、大学3年生の時にサポーターズが開催した新卒向けイベントに参加して、それがきっかけで新卒入社することになった大型ベンチャーの内定をいただくことができました。なので自分としてはこのサポーターズ という人材サービスは思い入れがあるというか、お世話になったサービスですので、良い転職エージェントだと思っています。

↑詳しくはHPに記載されておりますので、興味のある方はご覧になってください。

ゲーム業界にフォーカス!ファミキャリ!

ゲーム業界で働きたいWebエンジニア向け

ぱっとみ「ファミチキ」のようなサービス名と見間違う程の類似感ある命名ですが、この転職エージェントはゲーム業界に特化している点で、優れています。また大手転職エージェントと比べて会社の規模が小さい分非公開求人といってレアな応募もあったりしますので、ゲーム業界に興味がある人は良さそうです。

↑詳しくはHPに記載されておりますので、興味のある方はご覧になってください。

エンジニアとしての技術力を高める

面接での技術質問は自力勝負

エンジニアの面接ってわりと多くの時間が応募者がエンジニアとしての技術力をもっているかどうかを問われる時間が多いと思います。残酷ですが、こればっかしはごまかせません。対策として自力をつけましょう。エンジニアとしてやっていく上で最低限知っておくべき知識を得るためにおすすめの技術本を以下の記事で紹介していますので興味のある方は参考にしてください。

筆者
筆者

今回の記事の内容は以上で終了です。最後まで読んでくれてありがとうございます。また技術、経済、株式投資などのことを Twitter でも呟いていますので良かったらフォローよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました