《バリ島》初心者がクタビーチでサーフィン体験してきた話

旅行

バリ島でサーフィン体験

現地でインストラクターを確保

波が綺麗なので多くのサーファーとサーフィンのインストラクターの方々が海辺に集まっています。このビーチを歩いているとサーフィン体験の客引きがたくさん声をかけてきます。これ結論からいうと「値段交渉して参加する」でOKです。

値段交渉は必ずすること

まずやりたい!と行った後に何も言わないとかなり高めに料金を設定されてしまいますので必ず「I will buy it for 200,000rp」って言ってみてください。200,000rpは1530円です。この価格で2時間やってくれます。日本人の金銭感覚からしたら、こんなに安くていいの?と心配になりますがインドネシアの平均月収は日本の約1/10ですので現地の人にとってはかなりの高額なのでご心配なく。次の表に個人主観の価格相場を記載しておきました。体験時間はおおよそ2時間とします。

価格

相場観

150,000rp

激安

200,000rp

かなりやすい

250,000rp

普通

300,000rp

やや高い

サーフィン体験で必要なもの

水着はレンタル可能

水着のレンタルもあります。レンタルしたい方はレンタル料金も200,000rbの中に含まれているか事前に確認しましょう。個人的には「事前に水着+上半身ウエーダー+ビーチシューズ」を購入しておくことをお勧めします。その理由は

1.レンタル水着がダサくて写真映えしない

2.砂浜の貝殻が痛い

3.着替える場所がボロい(女性は注意)

 

です。以下のアイテムを事前に持っていくことをお勧めします。

海にもそのまま入れますし、浜辺そのまま履けるので足元のストレスを感じることがなくなります。ウエーダー系は以下のアイテムを買っておけばとりあえず大丈夫でしょう。

スケボーに慣れておく良き

私自身pennyやスケボーをたまーに乗るのですが、横乗り系のスポーツのバランス感覚が何もやっていない人に比べて良いと今回のサーフィン体験を得て、実感しています。実際に30分くらいでロングボードですが立てるようになりましたし、最後はほぼ失敗なく波に乗れるようになりました。なのでpennyとかでも事前に乗れるようになっておくとサーフィンの練習にもなるかと思います。また近所のコンビニとかに行く時に使えるので1台持っておくと良いかもしれません。

バリ島でサーフィンは絶対やるべき理由

バリ島でサーフィンしたというブランド

サーファーにとってバリ島は絶好のサーフポイントであり一度は行きたいと思う場所だと思います。その場所でサーフィンをしたっていう記憶は一生の宝物になると思います。また他人から「この前バリ島でサーフィンしてきた」って言ってきたらなんかカッコ良くないですか?

SMAPの木村拓哉(キムタク)がサーフィンを語る

波に乗って仕事のストレス発散

波に乗るってめちゃくちゃ気持ちいいです。自然と一体化してる感じを味わえます。また波に飲まれたり、波に向かってパドリングしたりするのも海という自然を感じて最高。日頃の仕事や勉強などで溜まったストレスを発散させることができます。

破格の値段でサーフィンスキルを得れる

日本と違って物価が低いので格安でインストラクターを雇うことができます。なので時間を気にせず思う存分レッスンを受けることができます。サーフィンに乗れるスキルを持っておくことで思わぬところで人脈が広がるかもしれません。

現地の友達ができる

何かと日本人というだけでインドネシア人と仲良くできます。サーフィンのインストラクターがInstagramの交換を求めてきて、その後冗談を交えてメッセージをやり取りするくらいの仲になりました。頼んだら家に泊めて貰えたり、現地の人しか知らない穴場スポットを教えてくれたりしますよ。

っいった感じでバリ島にいった際にはサーフィンをすることを僕はオススメします。

タイトルとURLをコピーしました