《株初心者大学生》PERとPBRとは?意味・違いをわかりやすく解説

PERについて

PERが意味するものとは

一般にPERが高いと利益に比べて株価が割高、低ければ割安であるといわれます。
当期純利益は、会社が1年間の営業活動で株主全体にもたらした利益で、この中から配当が支払われ、残りは株主の資産(純資産)として蓄えられていきます。それを1株当たりで表したのが「1株当たりの当期純利益(=1株益)」です。

引用:「PER(ぴーいーあーる)」

PER
これから資産運用を始めたい方へ!投資の仕組みや金融商品の選び方、リスクの減らし方など、初心者が知るべきことをわかりやすくご説明しています。“お金を活かすための知識”を正しく身につけられるよう、一緒に学んでいきましょう。

利益に比べて現在の株価が割高か割安かを判断する指標です。だたPERが高いからといって一概に割高とは言えません。業界によってPERの平均値が異なるからです。PERが高い業界、安い業界を表でまとめておきます。ちなみに日経平均株価のPERはおおよそ14前後です。

PERが高い業界

PERが安い業界

医薬品

石油

サービス

鉄鋼

小売業

商社

自動車

PERには成長期待が反映される

投資家からの成長期待が大きい会社はPERが高くなります。なので新規参入が多いサービス、新医薬品の開発が期待される会社が集う衣料品業界はPERが高くなります。

PERの計算式

PER = 株価/1株あたりの利益(EPS)

で計算されます。1株あたりの利益というのがピンときませんね。解説します。

1株あたりの利益(EPS)

EPSは純利益を発行株数で割ったものです。以下の例のように算出されます。

EPS:1株あたりの純利益

純利益:5000万円

発行株式数:50万株

EPS=5000万/50万=100 [円]

PBRについて

PBRとは

PBRとはPrice Book-value Ratioの略で、株価が1株当たり純資産(BPS:Book value Per Share)の何倍まで買われているか、すなわち1株当たり純資産の何倍の値段が付けられているかを見る投資尺度です。現在の株価が企業の資産価値(解散価値)に対して割高か割安かを判断する目安として利用されます。PBRの数値は、低いほうが割安と判断されます。なお、PBR=1倍が株価の底値のひとつの目安(株価と資産価値が同じ)とされてきましたが、近年は長い間1倍を下回ったままの銘柄も多くなり、必ずしもPBRの1倍割れだけを底値の判断基準とすることはできなくなっています。

引用:「初めてでもわかりやすい用語集」

PBR/株価純資産倍率│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券
「PBR/株価純資産倍率」の説明。金融・経済&#125...

1株あたりの純資産に何倍の価格がつけられているかを表す指標です。PER ですが その株が割安か割高かを表しています。1倍を下回る場合は割安、1倍超を越す場合は割高と判断します。

1株あたりの純資産(BPS)

一株当たり純資産は、純資産を発行済株式総数で割って求めます。なお、ここで言う純資産は決算の数値を用いることが多いですが、将来の予測値を用いるケースもあります。たとえば、純資産が1000万円、発行済株式総数が20万株の会社の一株当たり純資産は、50円(1000万円 ÷ 20万株)です。

引用:「一株当たり純資産(BPS:Book Value Per Share)」

一株当たり純資産(BPS:Book Value Per Share)|会計ソフトはフリーウェイ
一株当たり純資産(BPS:Book Value Per Share)とは、財務分析で企業の成長性を分析するの指標の一つであり、1株に対して会社の純資産がいくらあるかを表す指標です。「1株純資産」「1株あたりの解散価値」とも呼ばれます。一株当たり純資産は、純資産を発行済株式総数で割って求めます。なお、ここで言う純資産は決...

純資産は会社が保有する自己資本のことを指します。

PBRの計算式

PBR = 株価/1株あたりの純資産

です。A社という仮の会社を設定してPBRを計算してみます。

BPSを計算する

BPS:1株あたりの純資産

純資産:5000万円

発行株式数:50万株

 

BPS=5000万円/50万株=100円

PBRを計算する

株価:200円

BPS:100円

PBR=200/100=2

適当な例を用いて算出したPBRは最終的に2と求めることができました。1を上回っているのでA社の株は割高ということになります。

タイトルとURLをコピーしました