《理系就活生》Offer Box(オファーボックス)という就活サービスの評判・口コミ!実際に調査

就活

コスパ最強の就活サービス

今話題の就活サービス「Offer Box」

この記事を読んでくださっている方はどうも初めまして。

筆者
筆者

法政大学4年の学生です。

私自身大学3年の秋から就職活動をスタートさせて、2月上旬に行きたいWeb大型ベンチャーに内定を頂きました。ということもあって短い期間ですが就活をしました。今回の記事では自身の体験も踏まえて、就職活動をする上で登録しておくべき就活サービスであると感じたOfferBoxについて紹介していきたいと思います。

苦痛の就活を楽にさせてくれるサービス

正直に言って就活ってめんどくさいし辛いですよね。特にメンタルが割とやられます。

筆者
筆者

僕の早稲田の友達は半年間連絡を取ってきた人事に面接で落とされ、就職浪人しました。

以下の表のようなフローをこなして最終面接で落ちたらマジでメンタル的にキツいです。

 

交通費を出して会社説明会に行く

1DAYインターンに行く

SPIと言った何のスキルもつかない勉強に時間を取られる

複数回に渡る面接

しかも交通費とか自費であることがほとんどですからね。地方出身者で東京で自炊している人かつ東京の端の方に住まれてる方は交通費代もバカになりません。しかも就活が始まるとバイトのシフトも入れづらくなりますからダブルパンチ。

筆者
筆者

資金力(貯金)って大事。就活始まる前に最低15万くらいは貯めておきたい….

とはいうものの実は工夫次第でこれらのステップの一部分、あるいは全てを省略できたりもします。それは企業からの特別オファーをもらうことです。そこで今回の記事で紹介したいのがOfferBoxというオファー側のサービスです。

Offer Boxの強み

OfferBoxの強み3つを紹介します。

メリット

大企業の人事からスカウトが来る

企業が自分のプロフィールを見た回数を把握できる

自分のことを本当に欲しいと思っている企業と出会える

これらの強みは就活生の味方をしてくれます。それではこれらの強みについてそれぞれ理由を説明します。

大企業の人事から直接連絡が来る

このサービスの凄いところは大企業の人事から直接スカウトが来る点です。これらのスカウトを受け取るにはしっかりとOfferBox内のESをしっかり記入する必要がありますが、きっちりとした内容を1枚ESを書くことで全ての会社のESを書いたことになるのでコスパ最強です。

筆者
筆者

1社ごとに表面上の内容だけ変えてES書くほど無駄な時間はないですからね。

筆者
筆者
Twitterでも有名企業からオファーが届いたという報告が多々寄せられているようです。

企業が自分のプロフィールを見た回数が表示される

他の就活サービスにはない機能がこれ。企業が学生をオファーに出そうか迷っている状態を指す「検討中入り」プロフィールのアクセス数「プロフィール閲覧」採用側が学生を検索するときにヒットした回数「検索ヒット」を常時学生はマイページから把握することができます。つまり、何人の人事の方々が自分のプロフィールを見てくれたのかを把握できるということです。

筆者
筆者

自分のプロフィールが何回見られたのかを確認できるのは凄すぎる…

これらを把握できることによってESの書き方がおかしいから、あまり声がかからないのではないか?といったような情報を取得することができますし、メンタル的にもモチベーション的にも良い影響がありますね。

自分のことを本当に欲しいと思っている企業と出会える

超大手サービスとは異なり、企業側が真剣に自分の会社とマッチする学生を探せるような環境が提供されているのがこのOfferBoxの強み。企業側あらかじめ学生に送信できるオファー数が決まっており、一通一通登録者が記入したプロフィールを読んで、マッチしそうな学生にだけオファーを送ります。

 

筆者
筆者

Offer Boxの仕組み上1社100通までしかオファーを送ることができないので、他の就活サイトと比べてオファーの本気度が全く違います。

なのでオファーがきたらその企業は自分のことを本当に欲しいと思ってくれている会社であるので、こちらも本気でその会社に入るかどうかを考えた上でオファーを受けるかどうかを選択することができるんです。

利用者からの声

Twitter民の評判

筆者
筆者

やはりTwitter民の評価も高い…

多くの学生の方々が満足した状態で利用しているようで、かなり評判はいいようです。内定祝いギフトもかなり充実しているのも高評価の要素でもあるようです。

筆者
筆者

内定祝い欲しいな….

Youtubeでの反応

youtubeの就活関連のキーワードで必ず引っかかる動画配信者「utsuさん」もこのOfferBoxを勧めていました。やはり優位点としては「オファー(誘われる)」点があげられそうです。

ドラフト型就活はじまったな (Vol.229)

 

動画を一通り、拝見させて頂きましたが、転職・新卒方向けに動画コンンテンツを配信しているutsuさんもutsuさんの元にはOfferBoxを経由して内定を勝ち取った数多くの学生達が報告にしてくれるそうです。この方が進めるサービスなので間違いはないでしょう。

筆者
筆者

自分も就活しているときutsuさんの動画には本当にお世話になりました。

Offer Boxの登録は超簡単

ちなみに登録は1分程度で終わりますのでサクッと登録してスカウトを待ちましょう。もちろんサービス自体は全て無料ですしお金は一切かかりませんよ。

筆者
筆者
早めに登録してESを仕上げておくとオファーを貰える確率はグンと高くなります!以下のリンクで簡単に登録できるので、サクッと登録してオファーを待ちましょう!



登録することでのデメリットは一切なく、学生側にとってはメリットしかないと思います。とはいえ就活サイトは「リクナビ」「マイナビ」で十分と考える方もいると思います。別にそれはそれでいいと思います。でも僕は企業との接点を増やすことにおいて損は絶対にないと考えているので、1通り就活サービスは登録した方がいいと考えています。

筆者
筆者

Offer Boxだけではなく、有名な就活サービスは登録しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました