《神対応》MacBook PROの画面が突然オレンジ色に変色しAppleStoreに修理申請した話

日常

MackBook Proがオレンジ色に変色

同様の症状がでた人が一定数存在するっぽい

MacBook PRO オレンジ色 変色 というキーワードで検索すると、上位に同様の症状に見舞われた人の記事がちらほら。少し安心しました。しかし修理代とかかかった人とかからない人がいてどうなるのかがわからない。症状としてはこんな感じ。

カスタマーセンター助けて

とりあえずカスタマーセンター連絡

夜8時くらいですかね?とりあえずカスタマーセンターに問い合わせてみることにしました。公式サイトに問い合わせフォームがあるので要件を入手して提出。すぐにAppleから電話がかかってきました。

オペレーターの指示に従って操作

ハードウエアのエラーなのかソフトウエアのエラーなのかを判別するためにいくつかオペレーター側から操作の指示を受けながら一緒に確認作業を行いました。びっくりしたのが、こういうエラーを確認するためのバックドア?みたいなコマンドが用意されていることです。このような場面に出会さないと絶対知ることはないであろう操作。

ソフトウエアに異常はなかった為、修理に

オペレーターと一緒に検査した結果、ソフトウエアの問題ではないことが判明。ここから修理に関する話が始まりました。パソコン本体を修理するために最寄りのアップルストアに直接持ち込むか、郵送で送るかの選択を求められました。郵送は梱包がめんどくさそうなので、1番近いアップルストア渋谷店に持ち込むことにしました。予約も結構空いていて、都合が良かった平日19:45にて予約。もっと混んでいるイメージがありましたが、以外と空いているんですね。

AppleStoreに持って行く前にやらなくてはいけないこと

バックアップを取らなくてはいけない

修理を出す前に、やらなくてはいけないこと。それはシステムのバックアップです。iCloudに保存しているやつだけで大丈夫なんじゃないの?僕も初めはそう思いましたが、iCloudに保存していあるデータはdocumentのみなので他の部分は一切保存されていないのです。なので別途データを保存する必要があるのです。私が今回使ったのは

1TBもあれば充分です。まず全容量使っても524Gなので。バックアップにはTime Machineという既存のアプリケーションを使います。バックアップを取ってない人はかなり危険な状態であるということを認識して、今すぐ購入してください。(自分もかつてそうだった)

Apple Store渋谷店に来店

バイト先が渋谷にある関係で週5くらいで、渋谷に通ってる僕ですが、Apple Storeに行ったのは初めて。表参道のApple Storeにはよく行くんですけど渋谷のAppleストアは初めて表参道より狭いですけど、平日だからかあんまり混んでなく、店員の数が多い印象でした。いざ到着して、店員に修理をしにきたと伝えられるとすぐに対応してくれました。

オレンジ色に変色する原因

原因は圧力らしい

店員さんから伝えられたのはこの画面がオレンジになる原因は外側からの圧力が原因でした。鞄の中とかに入れると本などによって圧力がかかってしまいこのような現象になるとのこと。かなり多くの人がこの現象が発生し、問い合わせが来るそうです。

修理はなんと無料

一番気になるのが修理料金。AppleCare++に入っている僕にとっても決して修理費は安くはありません。店員さんに聞くと… なんと「無料!」製品不良ということで無料で交換してくれるらしいです。これは神対応すぎる。一生、macユーザーになりますよと心から思いました。

手元に帰ってくるまでのフロー

最短で一週間はかかる模様

次に気になるのは修理を出してから手元に帰ってくるまでの期間。これも店員に尋ねると「だいたい一週間はかかる」とのこと。うーむ。ちょっと長い。贅沢言い過ぎなのかな。他のブログは数日で帰ってきたとかの記事があったけど。とりあえず今回は直近でパソコンを使う場面がたくさんあるので修理は見送ることに。夏の長期休暇(海外旅行に行く時)らへんに修理を出そうかなって考えてます。手元にmacbook airはあるんですけどね。一回proを使ってしまうともうairには戻れません。とりあえず修理費用がかからないのを聞いてほっとしました。さすがApple。あとみなさん、不用意にパソコンに圧力をかけないようにしましょう。

自分のMacを守るアイテム

カバーを装着して圧力がかからないようにする

持ち運ぶ時はケースに入れよう

タイトルとURLをコピーしました