KATUBLO
2019年04月17日

【大学生エンジニアおすすめPC】MacBook Pro (15-inch, 2018)のレビュー&使用感

こんにちは。KATUOです。

今回の記事では我が愛用PC、MacBook Proについてのレビューについて書き殴っていこうと思います。

 

MacBook Proを購入したきっかけは?

 

元々MacBook Proに憧れていた

当時使っていたPCはMacBookAIRでした。このPCを購入したのが大学2年の2017年の11月くらいですかね。それまでは当時大学から付与されたLenovoのThinkPadという低スペックPCを使っていた為MacBookAIRでも充分満足はしていたのですが、エンジニアとの交流が増えていく中で殆どのエンジニアの方々がMacBook Proを使っていたので自然といつかは Proが欲しいなぁと思うようになりました。

 

MacBook AIRのメモリ不足

MacBookAIRを使っていて、かなりの頻度で複数アプリを起動するとレインボーマーク(読み込み)が発生し作業を中断せざる得ない場面に多々出くわしました。割と短気な自分はこれにかなり不満を感じてました。特にXcodeとOfficeのパワーポイント同時起動は最悪でした。

 

MacBookAIRのストレージ不足

私が持っていたMacBookAIRのストレージは128Gだったため、あっという間にストレージがいっぱいになりかなりの制約を受けました。もちろんiCloudにもdocumentを置いていましたが、一時的にローカルのストレージを使う必要があるせいか最後の方はローカルでなにかiCloud上のファイルを見るときにはローカルのなにかのファイルを削除しなければいけないという超めんどくさい状態になりました。

 

MacBook Pro (15-inch, 2018)のスペック

ここで公式サイトを参考に自分が買ったMacBook Pro (15-inch, 2018)の基本スペックを確認してみましょう。

 

 

 

MacBook Pro (15-inch, 2018)のディスプレイ

IPSテクノロジー搭載15.4インチ(対角)LEDバックライトディスプレイ、2,880 x 1,800ピクセル標準解像度、220ppi、数百万色以上対応

 

MacBook Pro (15-inch, 2018)のプロセッサ

2.6GHz 6コアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.3GHz)、9MB共有L3キャッシュ

 

MacBook Pro (15-inch, 2018)のストレージ

512GB SSD

 

MacBook Pro (15-inch, 2018)のメモリ

16GB 2,400MHz DDR4オンボードメモリ

 

 

ざっと基本的なスペックはこんな感じですね。電気電子工学科でありながら各パーツがどのような影響をもたらすのかちょっと不安なので簡単に解説しときますね。まずプロセッサですが、一般的にCPUと呼ばれますね。みんながCPUの性能が!っていうのはこのプロセッサのことを指しているのです。またCPUというのは全体の処理速度に大きな影響を及ぼします。このプロセッサーの性能は高ければ高いほど良いですね。つぎにメモリですが、同時に処理できるプログラムに大きな影響を及ぼします。メモリが大きければ大きいほどスムーズな複数タスクが可能になります。

 

 

MacBook Pro (15-inch, 2018)+AppleCare の価格は?

私はネットではなくApple表参道店で購入しました。

 

 

美人の店員さんが神対応で接してくれてました。ちなみにこの方外資金融系から内定をもらっている大学生の方でAppleストアで働いている方でこのように学生の方もいるのかとちょっと驚きました。

 

MacBook Proにも学生割が効く!

もちろんMacBook Proにも学割が効くので学生は少々安い値段で購入できました。結論から言うと合計税込

 

・MacBook Pro (15-inch, 2018)

・AppleCare

→ 345384円

 

でした。消費税8%ってこの価格になると結構でかいですね。一応AppleCareにも学割が効いてのこの値段です。

 

金利0 eオリコのローンを使おう!

流石にこの額が一気に飛ぶとなると学生にはちときついですよね。実はこのような学生向けにAppleは金利0のローンを用意してくれています。絶対に使った方がいいですね。なにかあったときのために手元にキャッシュを持っていた方が良いですからね。ちなみには私は24回払いを選択しました。

 

MacBook Pro (15-inch, 2018)を実際に使った感想

 

・あらゆる動作が軽い

・音質がいい

・タイピングがしやすくなった

・画面が目に優しい気がする

・タッチバネルがかっこよくてでモチベが上がる

・容量を気にせずガンガン保存できる

 

 

というメリットをまず感じました。Airと比べるとほんと全く違うマシンでしたね。大満足です。35万近く払ってもそれを取り返せるくらいのパフォーマンスを発揮してくれると実感しています。迷っているかたはぜひ購入を考えてみてください!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
SNS等でのシェアが頂ければ幸いです。

関連記事

プロフィール

@KATUO

現在都内私立大学に通う大学4年生。大学では電気電子工学を専攻。大学2年の夏頃に、プログラマーの長期インターン募集の広告が目に止まり、独学でプログラミングの学習をスタート。この時期からプログラミングにどハマりし、現在までに「AIスタートアップ」「Webマーケティング会社」でエンジニアとしての業務に没頭してきた。

過去の投稿