KATUBLO
2019年03月07日

【超簡単】facebook applinksの書き方、やり方を解説

facebook applinksとは?

facebookが提供する機能の1つ。公式にサイトには以下のように定義されていた。

 

“””

App Links is an open standard to deep link to content in your app. When someone using your app shares content to Facebook or another App Links-enabled app you can create a link that makes it possible to jump back into your app from that piece of content. App Links work by adding metadata to existing URLs on the web so that they can be consumed by your app.

“””

 

機能を要約すると、「facebookである特定の記事のリンクをクリックすると、その記事を指定のアプリ内で開いてくれるようにする機能(指定のアプリがインストールしてある場合)」です。1つのサービスをwebサービスやアプリで構築されている場合、役に立つものだと考えられます。

 

facebook applinksを設定する

 

head内にmetaタグを埋め込む

公式サイトを参考に以下のコードをhead内に埋め込みます。

 

 

al:ios:url

リンク先の定義を行います。形式としては「<指定のURL>://」という形式で記述します。

 

al:ios:app_store_id

アプリをAppleStoreで登録した時に設定したAppleStoreIDを記述します。数字のみで構成されています。

 

al:ios:app_name

アプリ名を記述します。

 

og:title

ページのタイトルを入力します。

 

og:type

上の記述のままでOKです。

 

 

結果

私はこのfacebook applinksの設定は業務で行いました。すなわち、ios等の設定が必要であった場合。既にそちらが完了済みでの設定方法となります。なのでもし、ios側での設定が必要であった場合は英語ドキュメントを読んで設定するしかなさそうですね。

 

参考サイト

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。
SNS等でのシェアが頂ければ幸いです。

プロフィール

@KATUO

現在都内私立大学に通う大学3年生。大学では電気電子工学を専攻。大学2年の夏頃に、プログラマーの長期インターン募集の広告が目に止まり、独学でプログラミングの学習をスタート。この時期からプログラミングにどハマりし、現在までに「AIスタートアップ」「Webマーケティング会社」でエンジニアとしての業務に没頭してきた。

過去の投稿