KATUBLO
2019年02月10日

【SEO】SEOを高める為に必須となるmetaタグをまとめた

ゴール

seoを高める要因とされているmetaタグを把握する

なぜこの記事を書いたのか?

私は現在2つのwebサービスを保有しており、オーガニック検索からの流入をさらに増やそうと考えていました。となると必要なのはSEO。現在SEOを高める方法がテンプレ化しているので、まずはそこをきっちり固めたいと考えるようになりました。今回はSEO対策の中の「metaタグの設置」を紹介します。

metaタグとは?

「そのページの情報を検索エンジンに伝える、ブラウザに表示方法に関する指示を出す、SNSでシェアされた時の表示のコントロールに使用される。」

これらのコードをhead内に記述します。それではSEO対策で必要になるmetaタグを紹介していきます。

meta charset

文字コードを指定します。日本語の記事を書く場合必ず記述しましょう。

meta description

meta descriptionは検索で表示されたときに下のページの詳細として表示される文言を記述する場所です。最近ではSEOに大きく影響を与える記事ではないとされていますが、CTRをあげるにはここをしっかり書くことが大切であると考えられるので書くようにしましょう。

ogp

ogpはSNSで記事をシェアしたときに表示される文言の定義を行います。ここを書かないとSNSでシェアされても、SNS側ではなんの記事がシェアされたかわからないので必ず書くようにしましょう。

IE対応

古いIEでページを見た時にデザインが崩れるのを防ぎます。

meta viewport

レスポンシブ表示を可能とするタグです。とりあえず、実は当サイトまだレスポンシブ対応でないんです。ですので、大幅UI/UX更新時に変更しようと思います。

感想

ひとまず最低限のmetaタグ周辺のSEO対策項目を紹介しました。検索順位をあげるにはSEO対策は非常に大切なので、今後も調べていこうと思います。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。
SNS等でのシェアが頂ければ幸いです。

プロフィール

@KATUO

現在都内私立大学に通う大学3年生。大学では電気電子工学を専攻。大学2年の夏頃に、プログラマーの長期インターン募集の広告が目に止まり、独学でプログラミングの学習をスタート。この時期からプログラミングにどハマりし、現在までに「AIスタートアップ」「Webマーケティング会社」でエンジニアとしての業務に没頭してきた。

過去の投稿