KATUBLO
2019年01月28日

【線形代数学】一次独立と一次従属の違いを簡単に解説したよ!

ゴール

一次独立と一次従属の定義を理解する。

 

前提知識

まずは一次独立を考えるにあたって、前提用語を定義しよう。

 

一次関係式

自明な一次関係式

[math]s = t =  \cdots =u =0[/math]の場合に一次関係式が成り立つ時、これを自明な一次関係式という。

 

自明でない一次関係式

[math]s \neq 0, t \neq0 , u\neq 0[/math]の場合に一次関係式が成り立つ時、これを自明でない一次関係式という。

 

 

 

一次独立と一時従属とは

実はもう前提知識の段階で答えがでている。

 

自明な一次関係式のとき一次独立、自明でない一次関係式のとき一次従属、という。

 

単純に呼び方が自明というワードを使わなくなったと考えてもよいかもしれない。

 

 

一次従属に関する有名な定理

 

[1]

[2]

 

 

感想・気づき

一時従属に関する定理[2]の証明を時間がなく飛ばしてしまったので、この部分をきちんと証明したい。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。
SNS等でのシェアが頂ければ幸いです。

プロフィール

@KATUO

現在都内私立大学に通う大学3年生。大学では電気電子工学を専攻。大学2年の夏頃に、プログラマーの長期インターン募集の広告が目に止まり、独学でプログラミングの学習をスタート。この時期からプログラミングにどハマりし、現在までに「AIスタートアップ」「Webマーケティング会社」でエンジニアとしての業務に没頭してきた。

過去の投稿