KATUBLO | エンジニアの日常BLOG
2019年01月22日

【新卒エンジニア必見】サポーターズの1on1面談に参加しました

書くこと

1.サポーターズの1 on 1 面談とは?

2.1日の流れ

3.イベント後の就活の変化

 

 

 

サポーターズの1 on 1面談とは?

一般的に思い浮かぶ就活ってどういうイメージがありますか? おそらく「なんとなく興味がある会社の説明会に参加する」「エントリーシートを必死に作る」「適性試験対策をする」「グループディスカッション対策を行う」「OB OG訪問を行う」等いろいろ思いつくことでしょう。この記事を見ている方はおそらくエンジニア志望の学生だとおもいます。実際これらの活動って、開発大好き、研究大好き理系学生にとってはかなり負担ですよね。客観的にこれらの活動を通して正直身に付くスキルも対してない気がします。要はコスパが悪いってやつです。

 

 

これらの負担を解消してくれるのが, 「サポーターズ逆求人イベント 1 on 1面談」です。

 

どういうイベントかどうかを簡単にまとめました。

 

どういうイベント?

1.web業界のベンチャーから大手企業10社以上があつまり, 全ての企業説明をプレゼンを聞ける

 

2.事前に自分の詳細プロフィールを作り, 自分に興味をもってくれた企業と逆求人という形で25分間対談できる

 

3.25分間の中で自分を企業に売り込むプレゼンを5分間程度で行う

 

4.サポーターズさんから, イベント参加後に10000円の報酬を頂ける

 

5.後日自分に興味をもった企業さんから直接スカウトを貰える

 

 

メリット

1. 今まで知らなかった隠れ良企業を知れる

 

2.企業からスカウトを貰うと選考フローを大幅に短縮できる

 

3.自分を売り込むプレゼンスキルが上がる

 

4.10000円の報酬を貰える

 

 

デメリット

1.最大10社からの逆求人面談が行われるので、 25分×10ずっと面談している状態になるので体力的に非常に疲れる

 

2.面談時に自分が興味のない企業だった場合、時間を奪われることになる

 

 

逆に, 「体力がある」「時間もある」という学生は参加しない理由がないというのが私の結論です笑

 

 

1日の流れ

時間まではしっかり覚えていないので、大まかな流れを書きます。

 

午前中:企業のプレゼン

 

昼休み:サポーターズさんが用意してくれたお弁当を食べる(割と時間がない)

 

午後1:逆求人面談を行う企業が確定し、面談シートが配布される

 

午後2:逆求人面談

 

夕方〜夜:学生と企業の交流会

 

 

逆求人面接スタート

 

面談シート

午後一に渡された面談シートに書いてある最大10社, 25分の面談が実施されます。企業は大手、ベンチャー、メガベンなど多彩に渡る名前がずらり。これらの会社の人事に直接アピールできるなんて滅多にない機会だと思います。

 

初めの1社目

web業界では有名なアドテクノロジーに精通した会社でした。初めて自己紹介プレゼンを行なったので結構苦労しました。ですが人事の方は穏やかな雰囲気で聞いてくださり話しやすかったです。プレゼンに対する質問などの対応をしたのち、企業紹介. 午前中に行なったものより、かなり密度が高い企業説明。なんといったって1対1ですからね. びっくりしたのは給与面。 いろいろ手当を受けた場合, と初年度から500万近く行くとのこと。web業界って大手じゃなくてもこんなにもらえるのかと衝撃をうけました。(IT業界の中のSIと違って年功序列じゃないので, 30才過ぎた辺りはわかりませんが)

 

2社目から最後

誰もが知っている企業との面談や, イケイケベンチャー, 大手ゲーム会社などなど、様々な企業と面談をしました。頭がパンクするぐらいのたくさんの情報が入りました。プレゼンも後半につれて上手くなり, 話し方のコツなんかも掴めたりしました。

 

面談まとめ

1. 自分の知らなかった良企業が知れた

2. エンジニアの各ポジションの業務内容をしれた

3. プレゼンスキルが上がった

4. プレゼン資料の改善点がわかった

 

 

学生と企業の交流会

長い逆求人面談が終わり、学生と企業の交流会がスタート。先ほど面談した企業さんが寄り添ってきてくださり、エンジニアの話、将来の話などの雑談を行いました。ここで複数の企業からオフィスに遊びに来ない?との誘いをいただき、オフィス見学が決定。 また長期インターン等のお誘いもいただいたりしました。

 

 

数日後

 

フィードバック

面談をした全企業からプレゼンのフィードバックをいただきました.

コメントは載せませんが、よかった点として評価していただいた点は

 

技術力: 2社
コミュニケーション: 1社
思考力: 2社
意志・意欲: 3社

 

だそうです。特に意志・意欲が評価されていたみたいですね。

 

特別選考

多くの企業からES、WEBテスト、一次面接を飛ばしての選考の案内をいただきました。また大手さんから一般選考とは別のメンター付きの独自選考にも招待してもらいました。

 

 

感想

長くなってしまいましたが、参加したことによって自分の停滞していた就活が一気に進みました。本当にサポーターズさんには感謝しかないです。また、10000円分のAmazon cardをいただいたので、参考書でも買おうと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
SNS等でのシェアが頂ければ幸いです!

プロフィール

@KATUO

現在都内私立大学に通う大学4年生。大学では電気電子工学を専攻。大学2年の夏頃に、プログラマーの長期インターン募集の広告が目に止まり、独学でプログラミングの学習を開始。現在は「ToC向け大規模サービスを運営するメガベンチャー」と「AIスタートアップ」でインターンで修行中。2020年4月からwebエンジニアとして社会人生活スタート。

Twitterアカウント

広告

スポンサー