《初心者》さくらレンタルサーバーにLARAVEL 5をインストールする方法

インフラ

さくらレンタルサーバーとは

私が利用していたプランはスタンダートプランです。

 

WordPressが使える人気No.1プラン。SNI SSL・無料SSLにも対応!

100GB
転送量
80GB/日
マルチドメイン
100個
WordPress
無料SSL
PHPモジュールモード

 

参考資料:「さくらレンタルサーバー」

さくらのレンタルサーバ | 高速・安定WordPressなら!無料2週間お試し
高速、安定サーバーならさくらのレンタルサーバ!PHP7モジュールモードでWordPress高速化。無料SSL、Webフォント、バックアップ機能などWebサイト制作に便利な機能が充実。ドメイン取得、WordPressインストールも簡単。無料電話サポートで個人から法人まで安心してお使いいただけます。

 

bashをインストール

初期設定だとコマンド制限があるので, bash を使えるように設定します。

 

 

とりあえず、bashを使える状態にしてください。

 

composerをインストール

サーバー内でcomposerコマンドを使用するためにcomposerをインストールします。

 

 

laravelをインストール

 

[sakura-domain]/laravel_test/public/

でアクセスすると

 

 

と表示されればひとまず終了。

 

webアプリケーションを作りたい人はVPSサーバーを借りよう

laravelをインストールさせてしまってからですみません。僕個人の意見ですが、webアプリケーションを作る場合、共有サーバー上にデプロイするのはおすすめしません。理由は制約が厳しいため、使えないコマンドがありすぎるからです。たとえば、node_moduleをインストールしようとnpmを使おうとした場合もパーミッションエラー等で使用できなかったりするケースなどがあったからです。なので、共有サーバーで個人で作ったwebアプリケーションをデプロイするのは本当におすすめしません。

 

格安VPS vultrを使おう

 

 

 

 

↑海外の格安で借りれるVPSサーバーです。クリックすると契約ページに飛びます。自分はさくらレンタルサーバーを解約してこれ使ってます。

 

 

こんな感じで公式のTwitterもあります。webアプリケーションをデプロイする環境で悩んでる方には「vultr」おすすめします。

タイトルとURLをコピーしました