KATUBLO
2018年10月04日

【PHP】publicとprivateの違いとは?

やること

•publicとprivateの概念・使い方を解説する

 

基本事項

まずは以下の基本事項を確認しよう。

 

public 修飾子:外部からのアクセスが可能

private 修飾子:外部からのアクセスが不可能

 

なんでこのようにするの?

オブジェクト指向において、アクセス制限を設けるには理由がある。それはクラスを継承して使う際に、中の値がすべて書き換えられるものであるとエラーが発生するリスクが高まるからである。 少人数で開発する際は別に気にならないかもしれないが、大規模開発になると書き換えられることでシステムが動かなくなることが十分に考えられるからだ。

 

 

実装してみる

 

public

実際にコードを使って確認していく。

まずはpublicから

 

 

 

publicは外部からのアクセスが可能なので、インスタンス化された$testのfoodに「りんご」の文字列を代入すれば、値が代入されていることが確認できる。

 

private

 

 

privateは外部からのアクセスが不可能なので、エラーになる。

 

 

カプセル化

一般的にprivateを使って、外部からの書き換えを防ぐことを「カプセル化」と呼ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。
SNS等でのシェアが頂ければ幸いです。

プロフィール

@KATUO

現在都内私立大学に通う大学3年生。大学では電気電子工学を専攻。大学2年の夏頃に、プログラマーの長期インターン募集の広告が目に止まり、独学でプログラミングの学習をスタート。この時期からプログラミングにどハマりし、現在までに「AIスタートアップ」「Webマーケティング会社」でエンジニアとしての業務に没頭してきた。

過去の投稿