KATUBLO | エンジニアの日常BLOG

プログラミング、数学、旅行などを中心に役立つ情報をお届け

2018年08月08日

【Raspberry Pi3】初心者がLEDを点灯させるプログラムを書いた

つい最近,「自宅のすべての家電に遠隔操作できる機能を追加する」を為に 「Raspberry Pi 3」 を購入しました。といっても完全なる初心者。    

ゴール

①pythonでLEDの点滅をコントロールするプログラムを作る。 ②実際にプログラムどうりにLEDが動いているか確認する。  

使用した素子

  1. LED青
  2. 抵抗270[Ω]
  3. ジャンパー
  4. ブレッドボード (メス-オス)
(すべて秋葉原「秋月」にて購入)  

回路図

抵抗とLEDを直列に繋ぐだけ。 間違ってもLEDをダイレクトにつながないこと(LED一つぶっ壊しましたw) GP14ピンは文字通り14番ピンに接続しました。GNDはお好きなところに。  

コード

GPIO.HIGHで点灯,GPIO.LOWで消灯します。 実際にラズパイのターミナルで led.pyが置かれた階層で以下のコマンドを実行
  無事プログラムで指定した時間間隔通りに点滅を繰り返しました。 ということでとりあえずLEDのコントロール実験は終了。 というか回路よりもラズパイの環境初期設定の所の方がめんどかった。笑 次はラズパイからエアコンの操作をしたいと思います!  

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
SNS等でのシェアが頂ければ幸いです!

プロフィール

@KATUO

現在都内私立大学に通う大学4年生。大学では電気電子工学を専攻。大学2年の夏頃に、プログラマーの長期インターン募集の広告が目に止まり、独学でプログラミングの学習を開始。現在は「ToC向け大規模サービスを運営するメガベンチャー」と「AIスタートアップ」でインターンで修行中。2020年4月からwebエンジニアとして社会人生活スタート。

広告

特集記事