KATUBLO
2019年01月14日

【線形代数学】特異点とはなにか?ポイントを解説したみた

やること

1.特異点の定義の解説

2.特異点の例題を解説

 

陰関数定理

特異点と一緒に解説されやすい, 陰関数定理をまず初めに解説する.

 

 

[math]x = a [/math]の近くで定義された関数[math]y = g(a)[/math]の微分は[math]f[/math]の偏微分を使って表せるというもの.

 

証明はtaylor展開を使って以下のようにできる.

 

 

 

 

 

特異点の定義

連続関数[math]f(x,y)[/math]で,

[math] f(a,b) = f_x (a,b) = f_y (a,b)[/math]

を満たす点[math](a,b)[/math]の座標を特異点という.

 

 

例題

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
SNS等でのシェアが頂ければ幸いです。

関連記事

プロフィール

@KATUO

現在都内私立大学に通う大学4年生。大学では電気電子工学を専攻。大学2年の夏頃に、プログラマーの長期インターン募集の広告が目に止まり、独学でプログラミングの学習をスタート。この時期からプログラミングにどハマりし、現在までに「AIスタートアップ」「Webマーケティング会社」でエンジニアとしての業務に没頭してきた。

過去の投稿