KATUBLO

PROFILE

プロフィール

RELATED ARTICLE

関連記事

TWITTER

ツイッター

投稿日:2018年12月01日

【github】githubで共同開発できる環境を構築してみた。

今回やること

githubで共同開発する環境を整える。

 

開発メンバー:UTDoi

開発人数:2名

 

 

githubを使う上で必要な用語

ブランチ(branch)

作業履歴を枝分かれさせたもの

コミット(commit)

変更箇所を一時的にセーブする

プッシュ(push)

変更箇所を本番環境に反映する

プル(pull)

本番環境のデータを自分のローカル環境に反映させる

 

環境設定

organization登録

 

githubのアカウントの隣の+ボタンを押して、organization登録を行う。

ここでメンバーの登録、レポジトリの登録を行うことができる。

 

 

 

自分以外のチームのメンバーでPUSHしてみる

 

 

 

 

cloneでGithub上のrepositoryをローカルにコピーします。

次にREADMEをローカルで変更し、PUSHします。

 

 

githubからcloneした直後の状態だと、ブランチはmasterであるので、

Pull Request専用のブランチを作成する。

 

 

addというのはcommitする為に、indexに変更箇所のファイルを登録することを指します。

そして変更箇所の情報が含まれるindexを現在自分が作業しているbranchにcommitします。

 

 

 

 

そして最後にそのブランチをgithub(リモートレポジトリ)にpushすることで変更箇所を反映することができます。

 

Pull Requestをmargeする

最後にローカルレポジトリからのpushを管理者がmargeすることで反映が完了します。

 

 

 

Pull requestsをクリックするとmargeするボタンがありますのでそこを押してください。

(上の画像では0となっていますが、pull requestがあった場合1となるはずです)

 

 

以上となりましたが、質問・ご指摘等があれば以下のコメント欄にてお願いします。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。
SNS等でのシェアが頂ければ幸いです。