KATUBLO

PROFILE

プロフィール

RELATED ARTICLE

関連記事

TWITTER

ツイッター

投稿日:2018年11月19日

【アセンブリ言語】シフト命令の処理を解説してみた。

今回なぜ記事を書いたか?

大学で履修した「アセンブリ言語」の中間テスト対策のための内容整理。

 

シフト命令とは?

シフト命令は上で説明したように、ビットをずらす命令である。 左にずらすか、右にずらすか、ずらすデータが符号付き整数か、符号なし整数(もしくは数値以外のデータ)かによって4種類のソフト命令が用意されている。

 

↑以下のサイトより引用

 

算術左シフト命令

SLA:Shift Left Arithmetic

 

 

*算術シフトの場合、最上位ビットにつく符号ビットはシフトされないので注意。

 

算術右シフト命令

SLA:Shift Right Arithmetic

 

 

*算術シフトの場合、最上位ビットにつく符号ビットは1ビット(シフトするbit数分)横にコピーされる形でずれる。

 

論理左シフト命令

SLL:Shift Left Logical

 

 

論理右シフト命令

SLL:Shift Right Logical

 

 

感想・気づき

次回はシフト演算を実際に使って計算をしてみたいと思う。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。
SNS等でのシェアが頂ければ幸いです。