KATUBLO

PROFILE

プロフィール

@KATUO

法政大学理工学部電気電子工学科 現在3年生
趣味はプログラミング、ランニング、釣り、カフェ巡り。まだまだ初心者ですが, プログラミング系の記事を中心に書いていきます。

TWITTER

ツイッター

RELATED ARTICLE

関連記事

投稿日:2018年10月16日

【東京湾シーバス】豊洲ぐるり公園 2回目

今回の記事では、東京湾シーバス 豊洲ぐるり公園 2回目 について書いていきます。

 

 

 

ポイントに行く前に新宿の上州屋で、お買い物。

 

 

 

 

 

お店は地下一階にあって以外と分かりづらいのでご注意を。

店内はそこまで広いわけではありませんが、ルアーフィッシングコーナーの割合が大きかったので、品揃えは良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ルアーをいくつか購入し、いざ豊洲ぐるり公園へ!

 

 

 

 

 

国際展示場駅で乗り換え。

 

 

 

 

 

 

市場前駅で下車し、少し歩いて、到着!

 

 

 

 

 

 

2回目とあって、スムーズに今回のポイントまで辿りつきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の釣り方は

「障害物周辺の表層〜中層を

シンキングミノーで攻める」

だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回このようなアプローチを選択した理由

 

1.表層にいる活性が高いシーバスを狙うことでキャッチ率を上げる。

2.魚影が見える可能性が高まり、モチベーションUPに繋がる。

である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、橋下周辺の表層を広範囲に攻める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回使用したルアーはこちら

 

 

 

 

 

 

名称:Tetra Works YURAMEKI

タイプ:シンキングミノー

重量:6.3g

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、反応なし。

 

 

 

 

 

続いて、浅橋脇を狙う。

橋の柱がちょうどいい感じの障害物になっていて、かなりいい感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャストを続けていると、

 

 

「何かルアーを追ってくる魚影を確認!!!」

 

 

そう。小さいながらもシーバス だ。

 

初めて東京湾でシーバス を目撃し、テンション爆上がりの小生。

 

しつこく、攻めると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「HIT!」

 

 

 

 

 

 

 

しかし、2,3回ジャンプし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「BARETA!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

私:「これがエラ洗いか…」

 

あっさりファーストヒットをバラしてしまった。

 

サイズは25cmくらいか?

 

 

 

その後も一度掛けるも速攻でバラしてしまった。

何回かチェイスするシーバスをみて、

ここでいくつかシーバスの習性に気がついたのでまとめる。

 

 

 

 

 

1.明るいところまではルアーを追ってこない。

2.基本的に障害物あたりをウロチョロしている。

3.激しくルアーを動かさないと興味を示さない。

4.水が流れる方向に頭を向けている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後も、ネチネチ、障害物あたりを攻める。

 

 

 

 

 

 

いいポイントだが、あたりなし。

 

 

先客(釣り人)がすでに何回もキャストしていたのもあってプレッシャーが高いのか?

 

 

 

 

 

 

寒くなったのでここで終了。

 

バラしてしまった為、結局今回も0

 

だが、実際に「掛けたこと」と「見たこと」で釣れるイメージが湧いたのはでかい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は友人と「新橋」で反省会。

 

 

 

 

新橋のガストはコンセントが付いていて助かる。

24時間営業だったら最高。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では今回の記事はこの辺で。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。
SNS等でのシェアが頂ければ幸いです。